ニュース

オギハラグループが実施する第三者割当増資について

平成15年1月14日
株式会社オギハラ
大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ株式会社

各 位

株式会社オギハラ(代表:荻原 栄一、所在地:群馬県太田市)と大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ株式会社(代表:大井 正康、所在地:東京都中央区、以下大和証券SMBC-PI)は、オギハラグループの財務体質、経営基盤の強化を進めるために大和証券SMBC-PIに対して第三者割当増資を実施することに合意致しました。

オギハラグループは、総合自動車ボディエンジニアリング企業として内外の有力自動車メーカーに金型製作およびプレス加工などのサービスを提供しています。今後、自動車用金型需要の拡大は見込まれますが、同時に競争も激化しております。
更なる成長戦略を実現していくため、当面は競争力強化のための設備投資を行い、将来的には株式を上場することで、資本市場を活用する道を拓き、より優秀な人材の確保を容易にすることが不可欠だと判断致しました。

オギハラグループは、大和証券SMBCグループからの資本を受入れ、新たな経営ノウハウを取り入れることにより財務体質、経営基盤を強化し、グローバル企業として一層の飛躍を目指してまいります。

大和証券SMBC-PIは、オギハラグループが持つ世界トップクラスの技術力・顧客ベースおよびブランドに大和証券SMBCグループの経営資源を新たに加えることで世界有数の自動車部品サプライヤーとして企業価値の向上を図ることが可能と判断致しました。

これまで数々の企業に対して成長支援、財務支援を行ってきた経験を生かし、新生オギハラグループの成長戦略・財務戦略の策定及び実施を全面的にサポートして参ります。

尚、オギハラグループの主要な取引金融機関である株式会社群馬銀行、株式会社東和銀行をはじめ、同グループの主力金融機関は、今回の資本参加を含む経営強化策を歓迎しており、引続きオギハラグループへのサポートを行っていくことで同意をいただいております。

以上