ニュース

企業再生合弁会社設立のお知らせ

平成15年11月5日
株式会社 三井住友フィナンシャルグループ
ゴールドマン・サックス証券会社
大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ株式会社
日本政策投資銀行

各 位

株式会社三井住友フィナンシャルグループ(社長:西川 善文、/以下「SMFG」)、ゴールドマン・サックス証券会社(社長:持田 昌典、/以下その関連会社を含み「GSグループ」)、大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツ株式会社(社長:大井 正康、/以下その関連会社を含み「大和証券SMBCPIグループ」)および日本政策投資銀行(総裁:小村 武、/以下「政策投資銀行」)は、協働して企業再生事業に本格進出するため、企業再生支援を目的とした合弁会社を下記の通り共同して設立することに合意し、本日同社を設立しましたのでお知らせします。

なお、本件については、既に本年10月8日付でSMFG、GSグループおよび大和証券SMBCPIグループの3者が共同して企業再生合弁会社を設立することに合意し、覚書を締結した旨発表していますが、本件合弁事業に広がりを持たせるために、3者から政策投資銀行に対して本件合弁事業への参画を要請したところ、同行がかねてより事業再生の分野に積極的に取り組んでいることもあり、これまで培った再生業務のノウハウを使って本件合弁事業の再生業務をより促進させる目的で出資および役員派遣を行う運びとなったものです。

また、政策投資銀行は、今後、GSグループと大和証券SMBCPIグループが組成し、本件合弁会社が再生業務を受託する債権買取ファンドへの融資についても検討していきます。

以上