ニュース

不良債権証券化(DPI&RCCファンディング)の実施について

平成16年9月30日

各 位

大和証券エスエムビーシープリンシパル・インベストメンツ株式会社(以下「大和証券SMBCPI」)は、株式会社整理回収機構(以下「RCC」)及び住友信託銀行株式会社(以下「STB」)と協働で不良債権を裏付けとする証券化(商品名「DPI&RCCファンディング」)を実施致しましたのでお知らせ致します。

本件証券化は大和証券SMBCPIがRCCに信託した金銭をもとに、RCCが金融機関から取得した不良債権によってポートフォリオを形成したものとしては初めてのケースであり、RCCの再生、回収ノウハウとSTBの豊富な信託受託実績、大和証券グループの持つ金融スキル・販売ネットワークの融合により、金融機関宛不良債権オフバランス化手段の提供及び機関投資家宛運用手段の提供ができたと考えております。

今後とも大和証券SMBCPI及び大和証券グループは、様々なノウハウとネットワークを活用し、不良債権流動化市場のさらなる発展・成長に協力して参ります。

以上